MENU

寝息が臭い原因と対策


寝息が臭い時には様々な原因が関連しています。

 

雑な歯磨き

寝息が臭い一般的な原因とは
まず当然ながら就寝前の歯磨きを欠かしたまま眠ったり、あるいは雑な歯磨きになっている場合です。

 

歯垢が残って口内が不潔ですと雑菌が繁殖して強い口臭を発生させます。
通常のハミガキでは60%程度しか磨けていないとされます。

食生活や生活習慣が乱れている

アルコールや油っこいものを沢山食べる、ストレスのかかる生活を送っているなどすることによって腸内環境が悪くなりますが、結果的に腸内でもガスが多く発生してしまいます。
そうした腐敗臭は口からも出てしまうために口臭が強く感じられます。

 

虫歯や歯周病といった歯及び歯茎のトラブルを抱えているのも口臭の原因です。
特に歯周病は強い口臭を発生させる症状であり、時には生ごみの腐ったような臭いや排水溝のような臭いが出ることもあります。

 

眠る時に口が開いている

寝ている時に口が開いていると口内が乾燥してしまいますので雑菌も繁殖しやすくなります。
また、その上で上記のような口臭の原因を持っているとさらに強烈な臭いになってしまうことがあるのです。

 

寝息が臭い病気

ここまでは一般的な口臭の原因ですが、時には何らかの病気が原因になって口臭が発生していることもあります。

 

寝息が臭い時の関連病気とはどのようなものがあるのかと言えば、
まず胃炎十二指腸炎などにかかっている場合です。

 

 

こうした病気で消化器系が弱くなっている場合ですと、消化の働きを上手く行うことができません。

 

食べ物が分解吸収されるまでに発酵が進んでしまいますのでガスが発生し、その臭いが呼気として感じられます。

 

 

肝硬変などによって肝臓が弱くなっている場合も口臭が強くなりえます。

 

肝臓には臭いを出す物質を抑制する働きも確認されていますが、その力が弱くなることで口臭が出ることがあるのです。

 

 

糖尿病の場合も独特の口臭を発生させます。

 

 

糖をエネルギーとして使用できない細胞は脂肪をエネルギー源としますが、その際には分解のためにケトン体という物質が必要です。

 

ケトン体の主成分はアセトンですが、独特なすっぱい臭いを持っていますのでそれが口臭の原因になってしまうのです。

 

 

なお糖尿病の場合は唾液の分泌量が減ります。
そのため口内が乾きやすく雑菌が繁殖して口臭が強くなります。

 

 

さらに口内が乾燥することで歯周病にもなりやすくなるため、歯周病にかかってそれが就寝時の口臭に繋がることもあるのです。