MENU

寝息が浅い原因

寝息が浅いとぐっすりと熟睡することができなくなり、十分寝たつもりでも実際には睡眠不足の状態になっていることが多いです。

 

短いいびきを書くことも多く、無呼吸症候群を伴っている可能性も高いとされます。

 

寝息が浅い原因とは、アルコールの摂取や病気、生活習慣の乱れや運動不足などがあります。

 

適度な量のアルコールを摂取すると寝付きが良くなることがありますが、
アルコールを大量に摂取すると肝臓などがフル回転で働くため、内臓を休ませることができなくなります。

 

 

そうなると深い呼吸で眠ることはできず、寝息が浅くなってしまいます。

 

よって、ぐっすりと熟睡するためには、アルコールの過剰摂取は禁物です。

 

 

病気によっても寝息が浅くなり、ぐっすりと眠れなくなってしまいます。

 

寝息が浅くなる病気や症状

睡眠時無呼吸症候群やアレルギー性鼻炎による鼻づまりなどがあります。

 

春先になると花粉症でぐっすりと眠れなくなる人が増加します。

 

鼻炎で鼻づまりの状態になると空気の通り道が塞がれてしまい、呼吸が苦しくなります。

 

 

鼻づまりの状態で眠るといびきをかいたり、歯ぎしりをすることが多く、周りの人にも迷惑をかけてしまいます。

 

鼻づまりを根本的に改善するためには耳鼻科で治療を受けることが必要ですが、サプリメントや健康茶を飲むことも鼻づまりの解消に役立ちます。

 

 

生活習慣の乱れや運動不足も寝息が浅い原因になります。

 

人間には体内時計が備わっており、規則正しい生活を送っていると、床につくとすぐに眠れるようになり、朝までぐっすりと眠ることができます。

 

 

生活習慣が乱れると床についてもなかなか眠ることができず、睡眠不足になることが多いです。

 

運動をするとぐっすりと眠ることができますが、運動不足だと寝息が浅くなり、熟睡することができなくなります。
眠る前にストレッチなどをして体を動かすと熟睡しやすくなります。